体重が気になる30代女性はカロリーチェックしダイエットを

女性は30代になってしまうと、若い頃と同じダイエット方法では痩せにくいです。20代の頃はおやつをやめて運動すれば痩せたのに、30代になったら体重が減らなくなったという方も多いでしょう。
年齢が上がると痩せにくい体になるとよく言われますが、30代になると基礎代謝の働きが悪くなっていくので脂肪が落ちにくくなるのです。食べた物は健康を維持するためにエネルギーへと変換されますが、基礎代謝とは体の健康を守るために必要なエネルギーを指します。食べた物がエネルギーに変えられる働きが良いと、脂肪がつきにくい状態になり太りにくくなります。加齢すると基礎代謝の量が減っていってしまうので、きちんと代謝されずに体に余分な脂肪がたまっていってしまうのです。
女性が30代になると太りやすくなるのは、基礎代謝の基礎代謝量の働きの低下に加えて、生活環境での問題も関係しています。30代は妊娠や出産を経験することが増える世代なので、ホルモンバランスが崩れやすくもなります。ホルモンバランスは崩れると体重が増えやすいので、ダイエットが成功しにくいのです。
体重が減りにくくなる30代は、ダイエット方法の内容を変えてみることをおすすめします。1日に必要なカロリーの量をチェックして、1日3食をバランス良く食べるようにしていきましょう。自分が健康的に食事を摂っているつもりでも、実は余分にカロリーを摂ってしまっていることがあります。体のためには栄養をしっかり摂ることが大切ですが、摂りすぎると体に贅肉としてついてしまいます。年齢が上がると基礎代謝の量が落ちるので、年代に見合った必要量の栄養摂取をするようにし、体が無理なく代謝が行えるようにすることが一番です。適度な食事にすることで丁度よいエネルギー変換がされるようになり、脂肪がきちんと燃焼されるようになります。

30代の女性が目安にするべき1日の摂取カロリーとしては、最も低い値で1200とされています。これ以下の値でしか摂らないようにすると、健康に悪く脂肪をためやすい体質になってしまうので1200を守りダイエットしていきましょう。
限られた食事量の中で効率良く栄養を摂取するには、1日3食の栄養バランスを計算するようします。ビタミン・ミネラル・カルシウム・鉄分・タンパク質などの基本的な栄養成分を含んだ食材を、3度の食事のメニューに偏らないように分配します。フルーツや牛乳は朝食に摂ると良いです。朝はたくさん食べた方が健康に効くという意見もありますが、胃がまだ完全に活動していないので軽めに摂るのが効果的です。お魚やお肉などの栄養豊富な食材は、体に吸収されやすい時間帯である昼食に食べます。主食は腹持ちの良いご飯が向いており、野菜や海藻類も昼食に多めに取ると吸収率が上がります。夕食の時間帯は可能なら主食は摂らないようにし、昼食よりは軽い量で済ませるようにします。
3食の内、1食はお腹いっぱい食べたいと思う場合には、朝食と夕食の量を調整して、お昼をたくさん食べるようにしましょう。昼の時間帯は代謝されやすいので、多めに食べても太りにくいので安心です。
カロリーに気を付けるダイエットの他に、年齢が上がった女性が体重を減らすには、筋肉量を増やすことも効果があります。筋肉は代謝の働きを助ける作用があり、筋肉をつけることで代謝機能の働きが促進されます。基礎代謝の量が上がることにより、体重も減りやすくなります。
これらのダイエット方法は効果が出るまでに時間がかかることがありますが、焦らずに気長にやっていくことが重要です。早く効果が欲しいからと、過度な食事制限や運動をすると体を壊してしまいます。地道にコツコツ続けていくことで、次第に痩せていくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です