基礎代謝量アップのダイエットは体重が気になる女性におすすめ

10~20代の内は、少し太ってしまっても間食を減らして運動をすれば、体重は割と簡単に落ちます。しかし、年齢が段々上がっていくと、食べないようにし体を積極的に動かしても、体についた脂肪は減ってくれなくなります。女性の場合は年齢が上がると、特に痩せにくい体質になってしまいます。年をとると脂肪が減りにくい体質になってしまうのは、基礎代謝量の問題が関わっています。
脂肪は代謝されることによって、燃焼されていきます。基礎代謝の働きが悪くなると脂肪の燃焼量も減ってしまい、燃やされなかった余分な脂肪は贅肉として体についてしまいます。人間の体は年をとるごとに基礎代謝の働きが低下していくので、若い頃と同じやり方でダイエットしても思うように痩せられないのです。
女性は加齢するとともに特に基礎代謝の働きが悪くなってしまうのは、ホルモンの分泌量の低下と冷え性が主な原因となります。30代を過ぎるようになると、女性ホルモンの分泌量が減っていくようになります。代謝機能の働きもホルモンの分泌量が少ないと、悪くなる傾向があるのです。体温も30代を過ぎると血行の働きが悪くなりやすく、血の流れが良くないことにより体が冷えるようになります。冷たい体は代謝するまでに時間がかかるようになり、脂肪を燃焼しにくくします。
30代以上の女性がダイエットを成功させるには、基礎代謝の働きを改善することが一番です。基礎代謝の働きを良くすることで、脂肪の燃焼量をアップさせることが最も効果的なダイエット方法です。代謝の働きを改善するには、まず充分な睡眠をとり湯船に入って体を温めます。眠りはホルモンのバランスを調整する効果が高く、ホルモンの分泌量を促進します。湯船に浸かっての入浴は体を芯から温めてくれるので、冷え性の改善にはよく効きます。睡眠と入浴に気を使うだけでも、基礎代謝の働きはかなり良くなります。

睡眠と湯船に入っての基礎代謝機能の改善方法に加えて、腸をキレイにすることを心がけ筋肉をつける運動をするとダイエットの効率がさらにアップします。年齢が上がるごとに女性の基礎代謝量が良くなくなっていく問題は、女性ホルモンの分泌量の低下と冷え性の他にも原因があります。それは抗酸化作用と筋肉量が落ちることです。
人間の体は活性酵素の成分が増えてしまうと、体が酸化するようになります。体の酸化は健康に非常に悪く、病気になりやすい状態になってしまうのです。酸化で出る体への悪影響の一つに、腸内の悪玉菌の活性化があります。悪玉菌は体に良い菌である善玉菌の働きを阻害し、善玉菌の力が腸内で弱まることでデトックスができなくなります。デトックスとは体に毒となる成分を体外に出すことであり、腸の内側に毒素がたまってしまうと基礎代謝の機能にも支障が出るようになります。
女性だけでなく男性もそうなのですが、年齢が上がるごとに筋肉は少しずつ衰えていきます。筋肉は代謝の働きを助ける役目があり、筋肉が落ちてしまうと代謝機能ももちろん悪くなります。筋肉がなくなると食べた物が脂肪になりやすくなってしまうので、体重もどんどん増えやすくなってしまいます。
基礎代謝量をアップさせるダイエットで体重を減らしたいのなら、腸内の善玉菌を増やし体に筋肉をつけるようにしましょう。善玉菌を増やすには食物繊維がたっぷり入った食材を食べると、食物繊維の働きにより毒素が排出されやすくなります。食物繊維は葉物野菜に多く含まれているので、葉物野菜を入れた野菜スープなどがメニューとしておすすめです。全身の筋肉を鍛えるのには、走る方法が向いています。走ることは全身を使って行うので、体全体の筋肉を鍛えることができます。
睡眠と良い入浴、腸内環境を整え筋肉をつけることで、健康的に無理なくダイエットを成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です